福島 地震 震度。 東日本大震災の余震「あと10年は続く」 福島・宮城震度6強

気象庁|統合地図ページ

地震 震度 福島

29 cm : 南三陸町志津川• このほか、2011年7月10日 、2013年10月26日 、2014年7月12日 にもM7以上の余震が発生している。

地震情報 2021年02月13日 23時08分頃発生 最大震度:6強 震源地:福島県沖

地震 震度 福島

このうち第2の断層破壊で非常に大きなが起きており、最大滑り量は30 m超あるいは60 mと推定されていたが 、最終的にこの滑り量は平均で62 mと計算された。 3、深さ約39kmと推定される地震が発生しました。

19

東日本大震災の余震「あと10年は続く」 福島・宮城震度6強

地震 震度 福島

従来低角でチリ型の沈み込み帯に分類されていたや南部は地震前には明確なを形成しているが、本地震の発生した日本海溝では明確な空白域は見られない、あるいはDouble Segmentationと推定される本地震や1964年などでは狭い範囲に超大すべり域が存在するなどの特徴が見られ、超巨大地震にも多様性があることが示された。 addClass "contents-title" ;headerTable. 国土地理院の計測による上下方向の最大移動は、宮城県鮎川浜の付属標「牡鹿」で1. 1秒 に、ののを震源として発生したである。

6

福島県沖 震度6強のあとも地震相次ぐ 今後1週間程度注意を

地震 震度 福島

も過去例に無いペースで発生したうえ、通常の余震域外でも地震活動が活発化している。 6分)、深さ約24 km を震源として発生した。

4

【東北地方で最大震度6強】福島県沖の地震に関する情報(2021年02月14日)

地震 震度 福島

今回と同じような浅いタイプで最も強い地震は、詳しい記録が残る1919年以降に限ると、2006年に発生したマグニチュード6. 震源域が広いため広範囲で揺れを観測し、プレート境界深部が破壊したため震源域近部では強震となった。 そのため、被害想定でもM8前後の海溝型地震までしか想定されていなかった。 表面波による動的誘発 [ ] 神奈川県箱根町の地下浅部では、本震の揺れが継続中であった14時49分から50分にかけてM3. 2 を上回る 日本観測史上最大 であるとともに、世界でも(2004年)以来の規模で、1900年以降でも4番目に大きなであった。

地震情報 2011年03月11日 14時46分頃発生 最大震度:7 震源地:三陸沖

地震 震度 福島

51 )を観測していたことも分かっている。

週刊地震情報 2021.2.14 13日(土)夜に福島県沖でM7.3 最大震度6強を観測

地震 震度 福島

これに対し同県のでは、高さ15. 「16年(1611年)に発生したでは、当地震と同等規模の津波浸水域が発生したとされ、その経験を基に宿場・街道などが整備された」、「明治時代以降の土地利用で津波経験の記憶を喪失した」との報告を行った。

11

東日本大震災の余震「あと10年は続く」 福島・宮城震度6強

地震 震度 福島

「宮城沖1」は本震だけで約20 m以上移動したと見られ、これらの観測結果により、震源付近の海底の移動距離は陸上の約4倍以上となることが確認された。

17

気象庁|統合地図ページ

地震 震度 福島

研究者・行政双方から、東日本では本地震による地殻変動の影響などで、被害をもたらすような地震の発生が促されているとの発表がなされており、警戒が強められている。 5を最大とするM5クラスの地震がまとまって発生していた。 2016年3月、政府の地震調査委員会の委員長は、「(本震から5年以上経った今でも)M8を超えるような規模の余震が起きてもおかしくない。