プロテイン スキマー 自作。 自作プロテインスキマー

ペットボトルプロテインスキマーの作り方

スキマー 自作 プロテイン

理由は 泡の大きさです。 基本的な構造はスキマー本体となる筒とウッドストーン、それとエアーポンプがあれば良いので 非常に単純な構造です。 筒の上部には汚水カップと呼ばれる水を溜めることのできるスペースがあり、押し上げられた泡は最終的にここに辿り着き、汚水として処理されます。

8

ウッドストーンの自作

スキマー 自作 プロテイン

とはいえ、最新機種に比べ機能で見劣りするのも確かです。 機械の上部に有機物が溜まるので、定期的に掃除を行いましょう。 プロテインスキマーを設置することでこのような 慢性的な酸欠気味状態を解消することができ、水槽全体の活性を向上させることができます。

16

自作も可能?水質維持に効果アリのプロテインスキマー!|熱帯魚、アクアリウム情報マガジン

スキマー 自作 プロテイン

マメスキマーの純正ウッドストーンは500円ほどするので2ヶ月に1回買い換えるとして、 年3,000円かかってしまう計算になります。

自作も可能?水質維持に効果アリのプロテインスキマー!|熱帯魚、アクアリウム情報マガジン

スキマー 自作 プロテイン

プロテインスキマーとは? プロテインスキマーとは、水中のタンパク質(えさ、糞など)を、除去する装置のことです。

プロテインスキマーのすすめ

スキマー 自作 プロテイン

海水では、エアーポンプに細かい泡を発生させるエアーストーンをつないだとき、泡が直径1ミリ弱にできるのに対して、淡水では3ミリくらいまでなってしまうのです。 60~90cm水槽でしたらもうひとつ小型の がおすすめです。

プロテインスキマーとは|使い方やおすすめスキマーなどまとめ

スキマー 自作 プロテイン

ちなみに写真ではわかりませんがこのスキマー、高さが約80cmあります笑 バレットと言えばこのXL-1の小型版の がマニアの中では非常に有名で、10年程前まだLEDやDCポンプがアクアリウムで使われていなかった時代、当時ミドリイシを飼育していたベテラン達が皆こぞってこのバレット1を使っていたことが印象深いです。 エアーリフト式は本体を取り出して定期的なメンテナンスをする必要があり面倒• 人によってはエアーレーションのみと割り切る人も。 下図のとおり、本体筒には2箇所(数cm程度離して開ける)、上部カップには1箇所、孔を開けます。

プロテインスキマーのすすめ

スキマー 自作 プロテイン

手順 まず、本体から汚れが溜まっている上の部分をとりはずします。

18

ペットボトルプロテインスキマーの作り方

スキマー 自作 プロテイン

水深を深くしたときには、本体筒自体も長いものに変えると良いでしょう。

7