長尾 和宏 ブログ。 「すぐに手術していたら…」長尾和宏医師が川島なお美さんの闘病を解説

「コロナチャンネル」始めました|Dr.和の町医者日記

ブログ 長尾 和宏

長く診療していると長く通院される患者さんも多くなるので当然のように思えるが、実はこれは長生きする患者さんが増えたということで、十四、五年前までは九十の坂を越えられる人は少なかった。

20

メディア

ブログ 長尾 和宏

困難がある時に、人を救うのは人の暖かさだと思う。

明日は無い かもね|Dr.和の町医者日記

ブログ 長尾 和宏

そんな時はどうするのか? ちょうどまさにその時夫が眼のガンで入院、わたしは付き添っており忙しく、(本当は事情があって姑の主たる後見人だったけど)その場に居なかったのですが、義姉、義兄が話し合って、結局手術を受けました。

7

「すぐに手術していたら…」長尾和宏医師が川島なお美さんの闘病を解説

ブログ 長尾 和宏

公益財団法人日本尊厳死協会・副理事長、関西支部長• 近畿大学医学部 非常勤講師• 膵臓がんは手術後の再発が多いこと、そして手術ができない膵臓がん患者さんの抗がん剤治療に対する考え方、腫瘍が局所に止まっている場合の新しい治療法であるナノナイフに対する考え方書かれています。

1

メディア

ブログ 長尾 和宏

今からでも遅くない。

18

「すぐに手術していたら…」長尾和宏医師が川島なお美さんの闘病を解説

ブログ 長尾 和宏

過剰な「延命措置」や「点滴」はおぼれて死ぬようなのだと著者は言っています。

13

メディア

ブログ 長尾 和宏

日本ホスピス在宅ケア研究会(理事) 世話人・幹事• だから「尊厳死を希望する文書(リビングウイル)」を書いてても、どこまでも助けてほしいと思う気持ちもあります。 国立(こくりゅう)認知症大学・学長• 日本禁煙学会• 膵臓がん患者の血糖値対策にも ですが、膵臓がん患者さんでは、血糖値の管理に気を遣っている方も多いでしょう。

講演予定

ブログ 長尾 和宏

世界中誰もが知っている物理学者。

現役名医2人が実名で語り尽くす「飲んではいけない薬」(週刊現代)

ブログ 長尾 和宏

早くも時代の変化に「順応」している。