ゆず 栄光 の 架橋 歌詞。 栄光の架橋

栄光の架橋~歌詞

栄光 の 架橋 歌詞 ゆず

歌手: 作詞: 作曲: 誰にも見せない泪があった 人知れず流した泪があった 決して平らな道ではなかった けれど確かに歩んで来た道だ あの時想い描いた夢の途中に今も 何度も何度もあきらめかけた夢の途中 いくつもの日々を越えて 辿り着いた今がある だからもう迷わずに進めばいい 栄光の架橋へと… 悔しくて眠れなかった夜があった 恐くて震えていた夜があった もう駄目だと全てが嫌になって逃げ出そうとした時も 想い出せばこうしてたくさんの支えの中で歩いて来た 悲しみや苦しみの先に それぞれの光がある さあ行こう 振り返らず走り出せばいい 希望に満ちた空へ… 誰にも見せない泪があった 人知れず流した泪があった いくつもの日々を越えて 辿り着いた今がある だからもう迷わずに進めばいい 栄光の架橋へと… 終わらないその旅へと 君の心へ続く架橋へと…. 考察という次元を超えて、ダイレクトに心に響いてくる『栄光の架橋』。 誰にも見せない 泪があった 人知れず流した 泪があった いくつもの日々を越えて 辿り着いた 今がある だからもう 迷わずに進めばいい 栄光の架橋へと 終わらない その旅へと 君の心へ続く架橋へと すべてが「幸せの種」だったと気付いて、自分が歩いてきたダサくてカッコ悪くて情けない日々が輝きだす瞬間。

4

ゆず 栄光の架橋 歌詞

栄光 の 架橋 歌詞 ゆず

具体的考察 歯を食いしばって立ち向かった日々。

20

ゆず『栄光の架橋』歌詞の意味・解釈と考察

栄光 の 架橋 歌詞 ゆず

それを乗り越えた今。 誰にも見せない泪 ナミダ があった 人知れず流した泪があった 決して平らな道ではなかった けれど確かに歩んで来た道だ あの時想い描いた夢の途中に今も 何度も何度もあきらめかけた夢の途中 いくつもの日々を越えて 辿り着いた今がある だからもう迷わずに進めばいい 栄光の架橋へと… 悔しくて眠れなかった夜があった 恐くて震えていた夜があった もう駄目だと全てが嫌になって 逃げ出そうとした時も 想い出せばこうしてたくさんの 支えの中で歩いて来た 悲しみや苦しみの先に それぞれの光がある さあ行こう 振り返らず走り出せばいい 希望に満ちた空へ… 誰にも見せない泪があった 人知れず流した泪があった いくつもの日々を越えて 辿り着いた今がある だからもう迷わずに進めばいい 栄光の架橋へと… 終わらないその旅へと 君の心へ続く架橋へと…. また、かけわたした橋。 なんとなく空回り すれ違いは増えていく一方 交わす会話も 仕事の話ばっか これじゃまるでキョウダイ それはちょっとした問題? <フォーマット> FLAC (Free Lossless Audio Codec) サンプリング周波数:44. やっと自分が生きてきた日々に感謝をして、その道程を歩いてきたことを誇りに思い、走り出せるときが来ました。

ゆず 栄光の架橋 歌詞

栄光 の 架橋 歌詞 ゆず

ゆずさん『栄光の架橋』の歌詞 エイコウノカケハシ words by キタガワユウジン music by キタガワユウジン Performed by ユズ. All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 曲名 歌手名 作詞者名 作曲者名 歌い出し 初恋のあの人がもうすぐ 愛こそ世界を変える もしも願いが叶うのなら 泪が溢れて途方にくれた夜に 工場に囲まれた港町 泪に濡れて滲んだ空に悲しみを 君が見つけた勇気の花 丘の上から風が吹き抜ける 薄明りの下今日も一秒ごと押し これで本当によかったのかな? 遠くへ行きたいからしばらく そんなに泣かなくていいんだ 突然偶然それとも必然 今にして思えばただの 夕焼け染まる君の横顔何も 今も言えずの I Like You いこういこうよ焦らずにいこうよ 巡る巡る季節は僕らを追い越し 偶然の出会い突然巡り合う 悲しいくらいに雨が強くて あれってコレそれってどれって 甘いいちご頬ばるように ずいぶん会えない日が続いて 最近どう? 各種動画サイトやSNSなどのコメント欄を見ると、受験生や夢追い人、仕事で失敗をしてしまった人、大切な人との別れを経験した人など多くの方の背中を押す一曲となっている様子が窺えます。

6

ゆず『栄光の架橋』歌詞の意味・解釈と考察

栄光 の 架橋 歌詞 ゆず

「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!」 当時、NHKが体操男子団体の決勝を中継した際に、同局アナウンサーが実況で発したこの言葉。

1

栄光の架橋

栄光 の 架橋 歌詞 ゆず

もしまだあなたが苦しみの最中にいるなら、それはきっと「輝かしい光の手前=栄光の架橋」の途中に立っているということなのかもしれません。 咲くLa la la ハナヒラリ 春よ来い 早くこい 君を連れて咲くLa la la ハラリララ 巡る季節また広がる 満開の笑みパッと蕾は開くよ ハニカム笑顔みたいきっと誰のこころも 花開く日は来るんだ一つだけの影法師 遠く聞こえる笑い声「消えてしまいたい」「なに言ってるんだよ」両手広げ いつも待ってる花咲ク街で 会えるから春よ来い 早く来い 君を連れて悲しみやがて 雪解けて巡る季節また広がる 満開の笑みあっという間 消える夏花火 慣れない浴衣 夢はうたかた願うこのまま ありのまま されど時はいつも過ぎゆくまま秋の夜長 旅の道すがら 耳を済ませば虫の音 ね 響く積もる雪 募る想い 並ぶ足跡 春夏秋冬2つ並ぶ合せ鏡 互いの心映し出す「なにも見たくない」「気が向いたときでいいよ」年中無休で いつだって開いてる離れていても 届くから風薫る 空に舞う 君の唄が高鳴る胸は焦がれてる遥かなる未来へ開け花咲ク街を 歩いてる春が来た やっと来た 君の元へ喜び芽吹き 色づけば木漏れ日の中振り返る 桃色の頬巡る季節また広がる 満開の笑み まだまだ 行こうぜ 全ては君のその想いのままに泣き出した空に 叫ぶ雨音と にじむ涙色過ぎてゆく時を 一つ数えてる 少し怖いけど旅立つ君に たくした約束 今ふいによみがえるまだまだ あきらめないで 立ち向かえまだまだ 行こうぜ 全ては君のその想いのままに懐かしいと思えた 知らず知らぬ間に 時は過ぎていた何も怖くないと 強がった日々は とっくに終わってた無い物ねだり くり返しの意味 今わかりあえたんだまだまだ 逃げ出さないで 前に進めまだまだ 駆けよう 全ては君のその足跡に続く誰かが言った 夜明けは近いと誰かが言った 暗闇の向こう誰もが描いた 明日を見つめて誰もが照らした 未来を見ているまだまだ あきらめないで 立ち向かえまだまだ 行こうぜ 全ては君のその想いのままに晴れ渡る空に 浮かぶ月の夜 君は君らしく 眩しすぎる夏の陽差し 走り出す想いを胸に一人問いかけてみれば 聞こえる本当の声きっと辿り着ける 答えはここにある約束の場所へ その日まで涙見せず今 吹き抜ける夏疾風 新たな息吹を告げる風の音まばゆい光集めて 願いを乗せてどこまでも続く蒼空 見上げる夢に手を伸ばしていつの日にか 届くように夏疾風…遠く見える蜃気楼 投げ出しそうな心どこからか聞こえてくる 励ましてくれる声いつか返したいんだ 数え切れない 「ありがとう」約束果たせたら 君と笑い合いたいさぁ 舞い上がれ夏疾風 抑えきれずに高鳴る鼓動限りある時の中 輝け命暮れてゆく茜空 明日へとまた つなぐ希望どんな未来が 待っていても一人ひとりの物語 泣いたり笑ったり喜び 苦しみ 分け合い 助け合い こみ上げる想いのままに さぁいこう今 吹き抜ける夏疾風 新たな息吹を告げる風の音まばゆい光集めて 願いを乗せてどこまでも続く蒼空 見上げる夢に手を伸ばしていつの日にか 届くように夏疾風…吹き抜ける風に 夏疾風 願いを乗せて 夏疾風 約束の場所へ 夏疾風 いつの日にか 時間がないぜ time isなんちゃらとはよく言ったもんだうたた寝してるだけの毎日に中指立ててもふり出しは的はずれ 何もならずフラフラ 飛んで 消えたフキダシの様なお決まりのセリフだテレビで誰かも同じ事言ってたな今しゃべってる君は何者なんださっきから返事が Yesしか聞こえないとりあえずで日が暮れて テキトーに酔っぱらってなんだかなぁ 泣けてきた一夜にして君は信頼を失う手筈もう好きにして あきらめ色の拍手をおくろうふり出しは的はずれ 何もならずフラフラ 飛んで 消えた世間知らずの若人がはしゃいでる何が楽しいんだか 何がうれしいんだかうらやましくも くやしくもないけど世間知らずなのは 俺の方なのかもね線路沿いを歩きながらハラが減ってきた なんだかなぁ しらけてら時間がないぜ time isなんちゃらとはよく言ったもんだ浮き世の風 どちら様もよーござんすふり出しは的はずれ 何もならずフラフラ 飛んで 消えたフラフラ 飛んで 消えた. 身体の一部が急激に成長しようとする時に痛みを伴うものです。 タイトル『栄光の架橋』の意味 辞書的な意味は、 「栄光」は、輝かしいほまれ。