ビジョナリー カンパニー 2。 ビジョナリーカンパニーを要約(時代を超える生存の原則と飛躍の法則)

ビジョナリーカンパニーって何?定義と基本理念をわかりやすく解説

カンパニー 2 ビジョナリー

・最高経営責任者(CEO)が世代交代している ・当初の主力商品(またはサービス)のライフ・サイクルを超えて反映している。 第2巻では「GOODな企業」が「GREATな企業」に飛躍することを論じ、第1巻では「GREATな企業」を追っているとの理由からです。 最初に人を選び、その後に目標を選ぶ」「厳しい現実を直視する。

6

日経BP SHOP|ビジョナリー・カンパニー2 飛躍の法則

カンパニー 2 ビジョナリー

では適切な人とはどんな人なのか? 本書の内容から察するに以下の2つの条件を備えている人であることがわかります。 しかし「 世のため、人のため」とくるあたりが異なる。 飛躍した企業は、狐のようにさまざまなことにチャレンジしたりしない。

16

ビジョナリーカンパニー2

カンパニー 2 ビジョナリー

その疑問への回答を導くため、著者らは組織したチームで5年に渡る調査を行った。 曰く、彼ほどの偽善者はおらず、彼のいうことは経営者と保身のためである。 私たち仕組み経営では、会社を仕組み化し、永続する組織作りをご支援しています。

ビジョナリー・カンパニーとは? 要約や感想、書評を公開

カンパニー 2 ビジョナリー

1 「目的地」ではなく「同乗者」ことが気に入っている人たちなので、途中で「目的地」が変わっても、問題が起こりにくい 2 適切な人たちが乗っているはバスなら、動機付けや管理などの問題がほぼなくなる 3 不適切な人ばかりでは、正しい方向がわかっても、正しい行動ができず、偉大な企業になることができない。 この「ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則」は、同じくジム・コリンズ氏の作である「ビジョナリーカンパニー」の続編という扱いに日本ではなっている。

19

『ビジョナリーカンパニー』を読む②

カンパニー 2 ビジョナリー

あるとき著者は、時代を超えて永続する企業を研究した前著『ビジョナリー・カンパニー』に出てくる企業の成功は、類いまれな創業者のお陰ではないかと言われた。

9

ビジョナリーカンパニー2 飛躍の法則 by ジム・コリンズ 〜 「良い会社」が「偉大な会社」に飛躍するとき

カンパニー 2 ビジョナリー

その他、諸大学、研究所の学究、同じ志を有する良心的企業家等と、特に深い相互扶助的連係を持つわれわれは、この方面よりの優秀部品類に対する多種多彩な要求に当面しつつあるのである。 最初から凄い会社だったのではなく、途中から凄くなることが可能だという結論を提示できれば、ほとんどすべての「そこそこ」「良い」会社も、偉大な会社に生まれ変わるチャンスを得ることになる。 ですから、一貫性と規律を持って、取り組んでいくことが大切でしょう。

8

ビジョナリーカンパニー2

カンパニー 2 ビジョナリー

厳しい言い方をされたが、言っていることはその通りだと思う。 しっかりと人を選んだことに加え、選ばれた人が自分の意見を言える(「上司が意見を聞く」という「上から下」では無くて、「下から上」という意味だと捉えます)環境を作ることで、「企業文化」や「理念」といったものが確固たるものになるのでしょう。 重要なコンセプトに関しては別記事でまとめていますので、合わせてご覧ください。

『ビジョナリーカンパニー(2)』ジム・コリンズ著|要約書評

カンパニー 2 ビジョナリー

第2段階:規律なき拡大路線 持続不可能な成功を追い求めたり、今までと関連しない分野に参入したりする段階。

【社長を目指す方程式】偉大な企業を創った経営者たちが絶対に妥協しない「3つの円」とは (2/4ページ)

カンパニー 2 ビジョナリー

ここから先は、このシリーズ(1〜4)について解説します。 誰をバスに乗せるべきかじっくり考えましょう」 こんな会話が日常的に社内に飛び交っている。 でも気づけば、僕は株式会社ツナゲルの代表取締役社長なのだ。

10